2020年09月15日

名作は侮れない

NHKの日曜日23時枠では、韓国ドラマを放送して欲しい・・あくまでワタシ的には。

まあその枠は、太陽を抱く月、奇皇后とか馬医とかな韓国時代物で攻めてくれるので

楽しみにしていて

こないだまでは100日の郎君様は、毎回見終わると続きが早く見たい~!!な気分にさせてくれるドラマだった。

さて、それが最終回を迎え

次は何が始まるのかしらとタイトルをチェックしていると

「アンという名の少女」

ときた・・え?

なんでモンゴメリー?

ついうっかりそう思ってしまったが、モンゴメリーは素晴らしい作家だと思うし赤毛のアンは名作だ、素晴らしい作品だ。

原作は読んだ事はないが、赤毛のアンがどういう話なのかはざっと理解している。

なぜならアニメの名作劇場や、海外実写映画の赤毛のアンシリーズはめちゃ面白くて見まくったから。


でもでも、この枠は韓国ドラマだろう、韓国時代劇で何故攻めてこないのかっ!まだまだ色々と韓国時代劇あるだろうっ!!

はあっ!?

これはあくまで私の中の勝手な思い込み的つぶやきなので、幾ら憤っても仕方ないのは判っている

けれど、どうしてそこで赤毛のアンが来るんだよ、めっちゃテンション下がるわ~・・って気分になってしまった。

こんな事言ってすみません、モンゴメリーは素晴らしいです、赤毛のアンは名作です。

誰に向けて謝罪してるんだ、いやいや、だからそれは赤毛のアンファンの方々にですよ、ホントすみません。



勝手に自分だけでテンション下げてた私ですが

我が家のブルーレィは新番組はドラマに限り全部初回は録画する設定なので

アンという名の少女の初回も録画されていた。

なんか想像つくんだけどなぁ~・・一応ざっくり目を通してみるかぁな気分で再生。


あっ・・やばっ、なんだこりゃ、めっちゃ引き込まれるわ。

このドラマ!

クオリティ高すぎる、ものすご~くモンゴメリーの世界を再現してるわ、最高だわ。

とくにこのアン役が堪らん、どっからどこまでもアンだよ、アンにしか見えない。

アン過ぎるわ~どこでこんな名優探して来たんだよっ!どうなってんだよっ!凄すぎだよ。


なんかもう深い、深いよ、ものすごく原作にないようなエピソードも入り混じりそれなのに世界観が壊れてないというか

そうそう、そういうとこも知りたかったんだよ~みたいな構成になってるんだよっ!!



やっぱり名作は侮れない!

ブラボー赤毛のアン!

ブラボー!モンゴメリー!!



2D144580-15DE-4325-BDED-06BFACCC0F0F.jpeg


人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村














ラベル:赤毛のアン
posted by KOUNEN鬼 at 08:00| Comment(0) | TVドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。