2020年09月14日

ミニ薔薇ちゃん~その2~

すっかり弱ってしまったミニ薔薇の世話をしながら庭師は思いました。

ああ、なんてことだ最高の環境を選んだはずだったのに・・こんな事になるなんて


そっとそっと土を掘り起こしてもう一度温室へとミニ薔薇を移しかえました。

ぐったりとしょげたように元気を無くしてしまったミニ薔薇は温室に戻っても前のようにはなりません。


大丈夫、原因は取り除いたから直ぐに前のように生き生きと元気になるさ。

庭師がそう願っていると

ミニ薔薇が初めて口を訊いたのです。


煩いわね、ワタシなんてどうなってもいいの

勝手にこんな処に連れて来て、ミニ薔薇ちゃん、ミニ薔薇ちゃんってそう呼ばれるのも大嫌い。

だって私はこんなに棘だらけだし、ちっとも綺麗じゃないわ。

温室の中では知らなかったけれど外にはもっと素敵な木々や花が沢山輝いて幸せそうに咲き誇っているの。

そんな中でワタシがどんな気持ちになったと思うの。

とっても惨めでみすぼらしくて情けなくて堪らないの。

それなのに、アンタは毎日毎日眺めに来て何がそんなに嬉しいのかしら。

早く花を咲かせてですって、どんな花が咲くかなんてワタシにも判らないっていうのに、そんな期待大きなお世話だわ。


そんなミニ薔薇に庭師は言いました。

そうだね、私の勝手でお前をここへと連れて来てしまった。

でもお前の世話をするのは喜びなんだ、一日として同じじゃないツンとした棘の一つ一つだって瑞々しい葉の一枚だって

やっぱり私には美しいと思えるのだから。

私は私の為にお前の世話をしているんだよ、期待に応えて貰おうなんてこれっぽっちも思ってないんだよ。




ミニ薔薇からはなんの返事も帰って来ませんでした。



人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


















【関連する記事】
posted by KOUNEN鬼 at 17:43| Comment(0) | ミニ薔薇ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。