2020年09月21日

云えないわけではない


子供の頃は喧嘩したら相手の間違いを指摘して痛いところをガンガンに攻めて再起不能にするまで

やる方だったが、ずっとそういう性格では社会に適応できない。

そんなに思ったコトを全て口に出していたら職場なんかでは特に総スカンを食らってしまう。

ようするに大人の処世術を身につけ穏便に生きてきたが

最近はすっかり歳を食ってもっと姑息になってきた。

どこの職場にも自分が一番出来ると自負してる輩がいる。

だけど、そういう輩に限って自分が思う程完璧でもないし、至らない面も多々あるというのにそれを認めたがらない。

人間観察が大好きな私は、そういうのが同じ職場にいると上手に付き合うことにしている。

変に逆らわないし方がいいし、仕事は出来るんだから助かる部分も多々ある。

だけど、やはり時には腹立たしくもなる、何しろそいつはまったく自分の非を認めたがらないからだ。

そんなだから成長がそこ止まりなんだよ!と言いたくなるがそれは心の中でしまっておく。

そして、そういう輩のダメなとこをこっそりフォローしたりしてやる。

だから余計にそいつは自分のダメなとこが見えないし成長もしない。

私が、どうしてそれを教えてやらないのか、甘やかすみたいにこっそりフォローするのかって

だって、そいつの事が嫌いだからだよ。

一々教えてやったり悟らせたりするの面倒臭いし、そんな義務もないもの。

それどころか


〇〇さんってホント何でも出来てすご~く助かるわあ、流石よね!


なんて時にはお調子に乗せたりなんかもする。


私はあえてその人が耳に痛くなるような事なんて一切云わない。

云えないわけじゃないけど、ただ云わない。

そいつは時々私を苛つかせるけれど

そいつはきっとこのままやってれば自ら痛い目みるんじぁないかなぁ~と想像するとスっとするから。

なあんにも云ってあげないの~ンふふ。


人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


















posted by KOUNEN鬼 at 10:12| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

秋が一番ヤバい・・

9月も半ばを過ぎて次第に涼しくなって

なんだかとっても秋の気配

蝉の声もすっかり止んでくるし、その代わりにコオロギとか鈴虫の声なんかが目立ってくる。

まあ、コオロギは別にそんなに怖くない。

色目的にはゴキブリと同じなんだけど

私的にはゴキブリにはウゲッ!嫌悪!しかないけれど

同じ色合いでも・・なんだぁコオロギかぁ・・な気分だし家に入ってたりしても

優しい気持ちでそっと手に包んで外へ出してあげたり出来てしまう。

そんな私だけど、そんなに虫が大好きではない。

蝶々なんかは羽はキレイだけど、その胴体部分とか触覚みたいなのをようく観察するとザワザワしてしまうし

蛾なんかの胴体はもっとグロテスクでヤバい。

オオミズアオなんかは蛾にしてはかなり綺麗な部類だとは思うけど

表の羽はまるで白地にペパーミントグリーンみたいな色合いだしオオミズアオという名前も蛾にしては綺麗

だ~け~ど、裏側を見たらぞわっとしてしまう。

こんなに観察してるんで本当は好きなんだろ~と思うかもしれないけど

よ~するに怖い見たさ、ホラー映画のスプラッタにギャアギャアしながらも見たくなるような心理と同じなのだ。



秋が次第に深まるにつれ、私が一番恐れているアイツがやってくる、ああ・・怖い怖い怖すぎる。

そうだ、やつは突然予測もなく現れて私を凍り付かせるのだ、それがこの時期だ。

この時期のやつはデカイ、とにかくデカイのが多い。

何しろ弱い奴は自然の中で淘汰されて、それを生き抜いたやつは今では立派なハンターに成長して眼光は鋭く

獲物は研ぎ澄まされている。


ああ・・怖い、おちおち外を歩けない、窓を開くのにも玄関から出るときにも、車に乗りこむときにも神経を使う。

この時期私もまたピリピリしてしまう。


どうしよう今から仕事なのに、外に奴が待ち構えていたら・・どうすればいいんだ。


259F566B-3B23-4F61-A2C0-CF2F8010BA03.jpeg


↑こいつと一度でも目が合ったら最後なんだよぅ!



人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

















posted by KOUNEN鬼 at 10:10| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

新しい総理大臣は?

実は私は世情に疎いというか、そんなにニュースも気にしないし

政治経済なんかも適当に流している。

だけど、最近の安倍総理大臣が辞任して次の総理は~な流れくらいな一応知っている。

なのでふとTVの前で

「え~次の総理はこの人なんだぁ、誰だっけぇ~官?官が総理なの?」

そういうコトを呟いていた、何しろ自宅だし私意外には娘が一人だけだ。

誰しもTVの前ではそれくらいの暴言を吐いているに違いないわ・・。

するとそれを聞いていた娘が

「官じゃなくて菅よ、菅」

と修正してきたのである・・そうTVの字幕を間違えていた私だがまあ間違いはそれだけでも無いが

咄嗟に

「官というのは、この人が元官房長官だから、その官って意味よ!」

と誤魔化し

知ったかぶりで

母の権威を守ったのである。

おほほ、知ってますよう、新しい総理大臣は元官房長官の菅サンだもんね~。



人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村



















posted by KOUNEN鬼 at 10:02| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月16日

口コミレビューってどうなのよ~その2~

口コミの評価がとても良かったので無料カウンセリングを予約した矯正歯科が

とっても感じがわるかったので

次は別の矯正歯科へとカウンセリング予約をした。

勿論そこの口コミも調べたが

先生はとても丁寧な物腰で親身に寄り添った考えで処置をしてくれます

が・・スタッフの対応が冷たい、特に受付スタッフが不愛想なのが勿体ないです・・的な評価を何件か頂いている。


うむむ~これはどうなのだろう。

どんな印象を持つかは人それぞれだし、先生が丁寧ならスタッフが少しくらいクールでもいいじゃないかな気分でそこに行ってみたのだが

受付には若くて小綺麗なお嬢さんが座っていた。

一週間くらい前にネットで予約したので自分では16時に予約したつもりだったが実際には16時半だった。

受付嬢は

「予約は16時半ですよ」

とちょっと鼻で笑った、マスクで確認出来なくてもそういうのは伝わる。

そこで、少しだけ・・は!?

な気分になってしまう、昔はもっと穏便で鈍感だった私だが

最近は更年期で起伏が激しい状態なので

そういうのでもピリッ!とくる。

まあまあ落ち着け落ち着け喧嘩をしにきたわけではない。

やがて診察室に呼ばれて先生が顔を出したが

確かに穏やかで腰が低い

医者って結構頭が高い人多いよね~なんっても先生だから、まあそういう人ばかりでもないのは知ってるけれど。

こちらの先生は実に寄り添った考えで説明も判りやすく納得できる処置をしてくれそうな気がしたが

どうにもスタッフの空気がやばい。

先生が必死に清浄して回っても、あの人数のスタッフが彼方此方で毒を巻き散らしているような空間では

とてもおちおち任せていられない・・無理、ここも無理だ。

とにかく、一番最悪なのは受付嬢で最後の清算の時も小馬鹿にされているような雰囲気しか感じない。

もはや被害妄想かもしれないが嘲笑ってるみたいにしか感じない。

いかん、この歯科はやばい毒気にやられてしまうと早々に退散したのだった。


口コミ評価おそるべし

スタッフが冷たい・・受付嬢が云々のあれは全て真実だった。

いや~まあ、あんな対応されたら誰しも文句の一つも上げたくなるよね、人間とは根本的に褒め言葉よか悪口書く方が楽しいんだと思うのよ。


ほらほら、よく言うじゃない、人の不幸は蜜の味

自慢話ばっか聞かされても大してのめり込まないが、不幸相談となるとがっつり首突っ込みたくなるもんだし( ´∀` )


ああ、しかしなかなかフィットする矯正歯科が見つからないなんだな、これが。





人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
















posted by KOUNEN鬼 at 10:10| Comment(0) | 口コミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月15日

ウチの上司さん~3~

さてさて、今の職場にきて

今度は3人目の上司さんが来るという

実はこのお方はずっと若い頃からこの職場で働いていて、とんとん拍子に出世して

上司さんになったというお方なので

職場仲間の数人には彼をようく知っていて

「え~!!!あの人なのぉ!」

みたいな微妙な顔つきをするので

「ねえねえ、どんな人なの?」

と聞いてみれば

「まあ、とにかく仕事は出来るのよ!凄いのっ!」

「へえ~ならいいじゃん」

仕事が出来る上司さんに越したことはない。

「でもね、なんというか喧嘩っぱやいしちょっと性格がねぇ」

なんて溜め息まじりで呟いている。

「そもそも私一度喧嘩したしさ」

「え~なんでぇ!」

「まあさ、お互いの言い分が食い違っててさ、その頃は同じ仲間だし」

確かにその頃は単なる職場仲間、仲たがいの一つもあるだろう。

しかしそんな前評判を聞くとドキドキしてしまう、

前の上司さんは実に穏やかにお方だったのに、今度の上司さんが気が荒い人だったらどうしよう

私はどっちかといえばボケボケの未熟者なので、怒られたらどうしよう・・

こそこそと移動する前の上司さんに

「新しい上司さんは、なんか短気という噂が・・私みたいなの怒られませんかね?」

と聞いてみると

「あ~きっと怒られるよぉ・・フッフッ」

なんて笑ってるから

ひぃ~やっぱりそうなんだとますます冷や汗が出てくるじゃないか。



そうこうしているうちに新しい上司さんが職場に就任の日がやってきた。


「○○です、よろしくお願いします」

ぺこりと挨拶する上司さんは、今までの誰よりも若くてつるんとした険の無いお顔立ちなので

なんか拍子抜けというか、思わずもっと強面な喧嘩太郎みたいな方が来るにちがいないわ・・な想像を裏切るような雰囲気だった。


上司さんはお声もどちらかと言えばハイトーンで実にようく通る。

我が職場で指揮をする上司さんの声が通るのは実にやりやすい、これはポイント高い!

しかも彼は噂通りの達人で現場を回す~回す~しかも仕事が綺麗でびっくりだよってやつだ。

いや~前の上司さんも凄いと思ったけれど、この上司さんはまた一味違うではないか。

ある意味天才的な手腕の持ち主と云えよう、うん、とにかく凄いかも。



人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村





















posted by KOUNEN鬼 at 23:54| Comment(0) | ウチの上司さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。